一昨日木曜日の駅頭は、井の頭線高井戸駅で実施しました。安斉あきら区議会議員と一緒でしたが、100枚近くのチラシを受け取ってもらいました。
 さて、その最中に杉並清掃工場長の金子正さんにお会いしました。ご承知の通り、環八を挟んで高井戸駅の反対側にある清掃工場です。
 写真左はそびえ立つ煙突で、高さは160m、煙突の中に3本の中筒が入っています。焼却炉が3機ありますので、それに連動していると思います。
 駅頭活動の帰りに清掃工場に金子工場長を訪ねました(写真右は工場長室から見た構内)。アポなしでしたが、こころよく対応していただき、ありがとうございました。
 金子さんとは区議会時代から長いお付き合いをさせてもらっています。特に、杉並区の放置自転車対策の基本的な政策を作成したのは彼だったと記憶しています。
 今でこそ自転車問題は、施策や施設が充実してきていますが、当時は試行錯誤の連続でとても苦労しました。
 ところで、この工場は昭和57年に竣工しています。25年が過ぎ、予定では平成24年から建替えがスタートします。
 この工事や隣の地域区民センターとの関連については、私も考えがあり、要点を整理して別の機会に報告します。

(写真をクリックすると拡大します)

4月19日(土曜日) 高井戸清掃工場