先日、杉並区堀ノ内に新しいグループホームができ、妻が見学会に行ってきました。
 私の三男が通っている「あすなろ作業所」を運営している、「社会福祉法人同愛会」が同じく事業担当します。
 4階建ての建物の中に、12名の皆さんが生活します。部屋はすべて個室です。写真右側は食堂ですね。
 このケアホームの名称は、「堀ノ内ハイム」で、運営方針は、1.安心感の尊重 2.人格の尊重 3.自己決定の尊重 4.長所と個性の尊重 5.関係支援 6.人生支援です。
 正直なところ、利用料金は気になるところですが、家賃が6万4千円、光熱水費8千8百円、食材費2万6千円などで、合計月額は10万2千円になります。収入額によっては、杉並区からの補助があります。
 ところで、妻が少し気になることを言っていました。「このハイムには出入り口が2箇所あるが、その1箇所が隣のマンションの反対により使えない。」
 ある程度合理的理由があれば、近隣事情もあり理解できますが、それが、“知的障害者が住んでいるから”であるとするならば、適切な対応が必要だと思っています。

(写真をクリックすると拡大します)

3月2日(日曜日) 新しいケアホーム