来週の27日に、都議会本会議場で一般質問を行うことになりました。その準備もあり、先日、東京都立永福学園高等部に行ってきました。
 この学校は、昨年4月に開校した、軽度知的障害のある高校生の養護学校であり、卒業時には全員の就労を目指しています。
 東京都内では、これから、いくつかのこの種類の学校が開校する準備を進めています。つまり、永福学園が一番目になるということです。ですから、各方面からの期待がとても大きいものがあります。
 写真上段左はこの学校の玄関で撮りました。左上は校章です。
 同右は、建設中のプールとロジスティクス(ネット辞書によると次のように説明されています:経済において、原材料調達から生産・販売に至るまでの物流を企業が合理化するための手段)の建物です。
 中段左の写真は、調理実習の教室で、生徒が一生懸命にお菓子を作っていました。校内を見たあと、食べさせてもらいましたが、本当に美味しいマフィンでした。
 同右は、小林進校長から説明を受けている様子です。同じく下段左は、校内喫茶店の「永福カフェ」前です。将来は地域の皆さんにも来ていただけるような店作りをするそうです。明治大学も隣接していますので、楽しみですね。
 最後の写真は教室内部です。校訓の“誠心誠意”が国旗と東京都旗とともに掲げられています。大変に有意義な視察でした。

(写真をクリックすると拡大します)

2月22日(金曜日) 都立永福学園高等部