先週の土曜日、阿佐ヶ谷にある新東京会館で、「杉二アトムズ40周年記念祝賀会」が開催されました。
 杉二アトムズは、区立杉並第二小学校の生徒で作っている野球チームです。
 私の長男は小学3年生から、次男は2年生からお世話になりました。その長男は28歳、次男は大学5年生になりました(右上写真、私の向かって右が次男の友宏です)。
 つまり、都議会議員としてではなく、卒業生の親として参加しました。そうはいっても、左上の写真のように挨拶の機会をいただいています。
 “プレーをするだけではなく、野球を通じて礼儀正しさや集団での協調性を学ばせてもらった。アトムズでの交友関係は今でも継続しており、親から見てもうらやましいくらい素晴らしい”という趣旨でお話しました。
 現役のメンバーも全員が集合(写真左下)、40年間の歩みがスライドショーで紹介されました。 
 その写真の中には、私の妻も何枚が写っていました。あらためて、子どもの世話は野球部の活動を含めて、妻に任せ切りだったんだなと痛感しました。
 その妻も、家の2階で愛犬と格闘しながら、年末の大掃除をしています。掃除機の音とワンコの鳴き声が聞こえます。

(写真をクリックすると拡大します)

12月25日(火曜日) 杉二アトムズ40周年