現職の中野区議会議員であり、東京民社協会常務理事の藤本泰民(ふじもと・やすたみ)さんが、今月11日に逝去されました。享年65歳でした。
 告別式などは、新井薬師の梅照院で執り行われ、私も16日に参列しました。
 藤本さんは、中野区議会議員に28歳で初当選されています。偶然ですが、私もこの年齢で杉並区議会議員選挙に初当選しています。
 私は6期の区議会活動のうち、前半3期は民主党公認で選挙を戦いました。
 藤本さんは現在無所属でしたが、長い間、民社党籍をお持ちでした。つまり、私の大先輩であったわけです。
 これまで、隣の選挙区ということもあり、いろいろなことを教えてもらいました。藤本さんの奥様と私の妻も友人です。
 数々のご指導を受けた後輩として、こころよりご冥福をお祈りいたします。
 ところで、先月の29日、私は藤本さんにお会いしています。
 この日の朝の駅頭はJR高円寺駅南口でした。ここをクリックしてください。当日の様子が写っています。
 朝の8時前だったと思いますが、藤本さんが私の前を通られました。私はマイクで喋っていましたので、お互いアイコンタクトで挨拶を交わしました。
 本当に偶然なのでしょうが、藤本さんの訃報を目にしたとき、何とも言えぬ想いを強く感じました。
 藤本さんは、最後に「門脇さん、人を裏切ることなく、誠実に議員活動を続けなさいよ」と、戒めに来ていただいたのではないでしょうか。合掌。

12月19日(水曜日)

先輩議員の逝去