一昨日は、2016年オリンピック招致決起集会のことについてお伝えしました。
 IOC(国際オリンピック委員会)の規定では、五輪大会が開催された都市で、パラリンピック競技大会を行なうことになっています。
 東京オリンピックの開催期間は、7月29日から8月14日までですが、パラリンピックは、8月31日から9月11日に開かれる予定です。
 障害のあるトップアスリートによる世界最高峰のスポーツ大会で、20競技が決まっています。
 また、会場も五輪大会で使用した施設になります。
 私も、都内での署名活動のとき、「東京にオリンピックを、そして、パラリンピックを招致しましょう!」と大きな声で呼びかけていました。
 決起集会当日、挨拶をされた北郷勳夫(日本パラリンピック委員会委員長)さんのお話ですと、1964年の東京五輪では、パラリンピックは第二回目の大会で、20ヶ国、400人近くが参加されたそうです。
 私は覚えていないのですが、素晴らしい大会だったと言われていました。当時は障害者に対する社会環境も、今とはだいぶ異なっていたと思いますが。
 オーストラリアのシドニー大会だったでしょうか、開会式や各競技会場での観客の皆さんは、オリンピックに負けないくらい(それ以上)盛り上がったそうです。
 ぜひとも、パラリンピックを招致したいですね。環境に優しい、障害者の競技大会を観たいと強く思っています。
 なお、今までのメインスローガン、「オリンピックを東京に、2016年!」が、「オリンピックを日本に、2016年!」に変更されました。

(写真をクリックすると拡大します)

11月22日(木曜日) パラリンピックのこと