上の表は、私が使っている携帯電話の料金明細です。拡大してご覧ください。
 携帯電話の顧客取り込み合戦も過熱しており、各社がいろいろな割引プランを発表しています。
 ナンバーポータビリティー制度もスタートし、競争も激化しているようです。
 我が家の五人の家族では、私だけがソフトバンクで、あとの四人はNTTドコモを使っています。
 本当はお世話になっているNTT労働組合の関係から、私もドコモの携帯を持ちたいのですが、数年前に使用し始めたときの電波事情から、今でもこのキャリアです。
 もちろん、現在では電波の状況に問題はありませんが、メールアドレスのことなどもあり、なかなか変更できずにいることも事実です。
 さて、その料金明細ですが、端的にいって良く分かりません。自分で契約した内容なのですが・・・。
 明細の分かりにくさや、携帯電話料金の複雑な料金体系は、最近特に問題となっているようです。
 ゼロ円や1円で販売されている端末も、考えてみればおかしなことですね。
 各社の販売競争は利用者にとって良いことではありますが、各通信会社にとっても、改善をすべきことは少なくないと思います。

(写真をクリックすると拡大します)

10月20日(土曜日) 携帯電話の料金明細書