一昨日の金曜日、西永福にあるスーパーマーケットの本社を訪問したあと、阿佐ヶ谷の事務所に戻りました。
 雨でタクシーもつかまらなかったので、歩くことにしました。以前にもお話したとおり、歩くことはまったく苦になりません。
 都心での移動も、時間があれば、地下鉄一駅分程度は歩いています。
 さて、その途中ですが、写真のようにカルガモ夫妻に出会いました。場所は都立善福寺川緑地公園です。
 もちろん、カルガモに尋ねたわけではありませんので、“夫妻”という表現には自信がありませんが、多分そうでしょう。カルガモは一夫一婦ですから。
 カモ類は、雌雄の色彩の差が大きいそうですが、なぜか、カルガモは珍しく同じ色柄です。
 この日は善福寺川の流れが速く、地上で餌を探していたようです。草の実などでしょうか。
 これから夏にかけて、ヒナを連れて歩く姿を見ることができますね。そういえば、年中行事になっていた、大手町のカルガモの道路横断はどうなったのでしょうか。
 善福寺川周辺には、たくさんの自然が残っています。緑も豊富です。大切にしていかなければなりません。

(写真をクリックすると拡大します)

5月27日(日曜日) カルガモ夫妻