平日で恐縮ですが、愛犬“グリューン”の話題を。
 先日、グリューン自身も話していましたが、素敵な彼女とのお付き合いが、先週実現しました。
 お相手は、帝人労働組合東京支部の書記長を務めている、吉野雅美さんの愛犬・ミニーちゃんです。
 写真中央がミニーちゃんで、手前右はグリューンです。“ミニー”という名前は、犬種の“ミニチュア・ピンシャー”から付けたそうです。
 先週、二泊三日で吉野さんのお宅にお泊りに行ってきました。吉野さんには、車で「送り迎え」していただき、本当にありがとうございました。
 最近は、男の子が女の子の家に行くケースが多いようですね。平安時代の「通い婚」みたいです。
 吉野さんのお話ですと、行きの車(彼女がミニーちゃんを同乗して来てくれました)の中から、とても仲が良く、家の中でも落ち着いていたそうです。
 また、「掛け合わせ」も順調だったようで、2世誕生に期待がつながります。
 ただ、先方とは、「もし、子どもができたら良いね」という気持ちで見守っていこうと話しています。
 写真は帰宅した際のものです。このときも、吉野さんはミニーちゃんを連れてきてくれました。
 我が家では、ワンコより家族が喜んでいたようです。

5月15日(火曜日)

ミニーちゃん

(写真クリックで拡大)