昨日、新宿区新宿5丁目で、参議院議員・鈴木寛さんの事務所開きが行われました。
 鈴木寛さんは、6年前の参議院東京選挙区で初当選され、今年7月に行われる(告示日7月5日、投票日22日)選挙で、再選を目指して政治活動を進めています。現在は、立候補予定者ということになります。
 今回から東京選挙区の定数は1名増えて5名になりますが、民主党は鈴木寛さんを含めて2名の擁立を決定しています。
 ちなみに、全国の選挙区中では東京都だけが5名で、4名区はなく、次は神奈川県、埼玉県、愛知県、大阪府などが3名区です。
 鈴木寛さんは杉並区の出身で、区立の小学校を卒業されています。また、現在もお母さんは杉並の西荻窪にお住まいです。
 詳しい経歴などは、彼のホームページをご覧いただきたいのですが、私も一昨年の都議会選挙では大変にお世話になりました。
 東大法学部を卒業され、通商産業省(当時)に入られましたが、キャリア官僚出身の雰囲気は微塵もなく、とても気さくな方です。通産省では、極めて異例なことだったそうですが、26歳で課長補佐に就任されています。
 政策での専門分野は広いのですが、特に、教育と医療のエキスパートです。どちらも、これからの我が国の将来にとって重要な課題が数多くあります。
 この夏の参議院選挙に向けて、私も東京選挙区では鈴木寛さんを、全国比例区では「かわいたかのり(川合孝典)」さんの政治活動をサポートして行きます。
 そして、参議院での与野党逆転を目指さなければなりません。皆さんの民主党に対するご支援をお願いします。

(写真をクリックすると拡大します)

5月11日(金曜日) 鈴木寛事務所開き