昨日の朝刊で、マイクロソフトとヤフー(いずれも合衆国)が合併交渉に入ったことが報道されました。
 私たちの日常的な生活には影響の大きいことではありませんが、グーグルの脅威を感じる記事でした。
 日本の検索サイトでは、ヤフーの利用率が他を上回っていますが、次々と繰り出すグーグルのサービスは魅力的です。グーグル・アースなどは典型的ですね。
 さて、最近、とてもユニークなサイトに出会いました。タイトルの“デイリーポータルZ”です。
 詳しくはアクセスしていただければ良いのですが、「生活にはおよそ役立たないことを、紹介、実験、検証する。しかも、真面目に取り組む」となるでしょうか。(例外的に役立つこともありますが)
 タイトルの横には、“毎日がエイプリルフール”と書いてあることに象徴されています。
 先月分で“優れた”記事は、「陸テトラポットを鑑賞する」、「オセロで負けない方法」、「ビルの上から見たビルの屋上たち」、「ホームの座りにくそうなベンチめぐり」、「ドア閉めフェイントグランプリ」などでした。
 これだけユニークな記事を継続的に紹介できるのは、やはり、@niftyの直営サイトだからでしょうか。
 連休中、アーカイブされた過去の記事を楽しく読んでいます。
 議員活動は、ともすると余裕のない時間の中で展開しなければなりませんが、発想の幅を広げる(頭を柔らかくする)ためにも、“役立つ”サイトかもしれません。

5月6日(日曜日)

デイリーポータルZ

(写真クリックで拡大)