最近は、「ホルモン焼き」専門店が増えてきました。
 “ホルモン一筋”の私としては、選択の幅が広がり、とても嬉しいことであります。
 もちろん、一般の焼肉も嫌いではありませんが、ロースやカルビを食べることはほとんどありません。
 栄養やミネラルが豊富で、脂身が少なく、ヘルシーなホルモン人気は急上昇です。安い値段も魅力的です。
 最近は行っていないのですが、新宿歌舞伎町の焼肉店の女将さんも、「焼肉は、やっぱりホルモンね」と言っていました。
 この店は高級店ではありませんが、いつ行っても行列ができている人気のお店です。
 ホルモンの種類に好き嫌いはありません。何でも食べますが、センマイ、ハラミ、テッチャン、豚トロなどが良いですね。
 中央卸売市場の方に聞いたのですが、近年のホルモン人気のため、在庫を確保するのが大変だそうです。
 ということで、写真は阿佐ヶ谷の某店のホルモン焼きです。
 ホルモン焼きに生ビール(ホッピー、マッコリも可)は最高ですね。至福の時間です。
 そういえば、漫画「じゃりン子チエ」は、ホルモン焼きのお店をやっていました。大阪西成区の萩之茶屋で。

(写真をクリックすると拡大します)

5月3日(木曜日) ホルモン焼き