昨日に続いて、東京マラソンの報告です。
 スタート地点の都庁第一都庁舎前は、雨とかなり強い風という困難なコンディションでしたが、ランナーの皆さんは元気に出発されました。
 上段左の写真は、9時10分スタート直後です。先頭集団ですが、真ん中あたりに優勝した、ケニアのダニエル・ジェンガ選手の姿も見えます。
 同左は、一般ランナーの皆さんです。スタートの号砲から、最後のランナーが通過するまで、20分くらいはかかったと思います。
 私はこの場所で、「行ってらっしゃい!頑張ってください!」と、手を振って見送りをしました。
 もちろん、どちらが先ということではありませんが、とても多くの市民ランナーの皆さんが、手を振って、「行ってきまーす!」と答えてくれました。
 市民マラソンを応援するのは初めてですが、もの凄く“温かい気持ち”になったのは何故でしょうか。若干の体調不良でしたが、都庁まで行って良かった思います。
 下段左の写真は、途中リタイアしたランナーを乗せるバスのようでした。かなりの台数でしたね。
 また、同右は、すべての選手が通過したあと、スタート地点を清掃するボランティアの皆さんです。募集した定員(約1万人)以上の方が申し込みをされたそうです。ありがたく、嬉しいことです。
 それから、制限時間7時間という決断をされた、警視庁を始め、関係機関の皆さんには本当にお疲れ様でした。
 それにしても、悪条件の中で、完走率97%とは驚異的な数字ですね。

(写真をクリックすると拡大します)

2月20日(火曜日) 東京マラソン(その2)