写真は、昨日の井の頭線浜田山駅前の駅頭(遊説)活動の様子です。
 私は駅前道路の反対側で、区議選立候補予定者の増田裕一さんは駅入口階段のところで、それぞれ、写真のように朝の報告をしています。
 東京メトロ南阿佐ヶ谷駅などでは、マイク&スピーカーとチラシ配りの役割が逆になります。状況に合わせて対応しています。
 増田さんの定期的な活動も定着してきたのか、チラシを受け取ってくれる方の数も着実に増えています。
 ところで、私は7時30分からのスタートですが、増田さんは6時30分からチラシを配布していたそうです。
 この朝も、私が到着する前に一組、その後に一組が駅頭活動を計画していたようです。もちろん、いずれも他の陣営です。
 先日も増田さんは、南阿佐ヶ谷駅を“死守”するために、午前5時(丸の内線の始発)から“出動”したと言っていました。
 また、JR阿佐ヶ谷駅の北口と南口では、私は“定番の立ち位置”とは別の場所で、プレス民主を配布していますが、必ずといってよいほど、両方の入口では、立候補予定者が演説しています。
 多くの区内の駅では、このような“風景”が繰り広げられていると思います。
 朝の駅頭活動も“過熱”してきましたね。もっとも、区議会議員選挙まで、2ヶ月少しになりましたので、当然のことかもしれませんが。
 私自身も、6回の区議選や、一昨年の都議選を思い出し、“気合い”が増していく毎日です。

(写真をクリックすると拡大します)

2月14日(水曜日) 過熱する駅頭活動