写真は、JR御茶ノ水駅から水道橋駅方向を望んで撮りました。時間は12日の午後2時少し前です。
 三鷹から中央線に乗り、この駅で総武線に乗り換えて、浅草橋まで行く途中、ふと振り返ると、“奥行き”のある風景が広がっていました。
 緑の橋は「御茶ノ水橋」、川は「神田川」で、右側には、順天堂大学、東京医科歯科大学などがあるロケーションです。
 いつも、活動報告ビラやホームページに載せる写真を撮るために、デジタルカメラを持ち歩いています。
 携帯電話にも200万画素のカメラが付いていますが、これですと、使い勝手がいまいちですね。
 ホームページなどで使うことは多くないのですが、東京の街の風景を写すことも好きです。
 東京には素敵な場所がたくさんあります。少しずつが、空気もきれいになっています。
 先日発表された、「10年後の東京〜東京が変わる〜」では、これから10年間で、東京の“緑”を1,000ha増やす計画です。
 だいたい、小学校のグランドが約1haですから、これが実現すれば、ディーゼル車規制と並んで、大きく環境対策が前進することになります。
 この計画は、強力なリーダーシップで何としても実現しなければなりませんし、私たちのサポートも大切と思います。

1月14日(日曜日)

奥行きのある風景

(写真クリックで拡大)