「都心」という表現は適切ではないのですが、選挙区の杉並区以外ということです。
 新年会、新春のつどいなどの9割は区内ですが、ホテルや大きな会議室を使っての会合も少なくありません。
 ここ十日前後の会場ですが、
アルカディア(市ヶ谷)、センチュリーハイアット(新宿)、サンプラザ(中野)、ラングウッド(日暮里)、第一ホテル(吉祥寺)、京王プラザ(新宿)、ベルクラシック(大塚)、主婦会館プラザエフ(四ッ谷)、セルリアンタワー東急(渋谷)などです。
 ご承知のように、杉並区は23区でも代表的な住宅地域ですが、事務所のある阿佐ヶ谷からは、JRや東京メトロを使って、直接または1回の乗換えで目的地まで行くことができます。とても便利です。
 この時期、昼間の時間はそんなに立て込んでいませんが、上記の場所での新年会が午後6時や7時からスタートする場合、地元に戻り、地域の会合に出席するのは時間との戦いです。
 どうしても、“遅れ遅れ”になってしまいますね。
 写真は一昨日、日暮里のホテルラングウッドで開催された、「2007年連合東京新春のつどい」の様子です。大変多くの方々が参加されていました。
 左は代表して挨拶をされる、遠藤幸男会長、右は同僚議員の皆さんです。
 右から、初鹿明博(江戸川区)都議、私、蓮舫参議院議員、伊藤ゆう(目黒区)都議、柳ケ瀬裕文(大田区議選立候補予定者)さんです。全員が私にとって大切な同志です。

(写真をクリックすると拡大します)

1月11日(木曜日) 都心での新年会