昨日は「成人の日」でした。
 杉並区では、約5,200名の新成人がこの日を迎え、杉並公会堂で「成人祝賀のつどい」が行われました。
 杉並公会堂は長い間工事中だったために、5年ぶりにこの会場で式典が開催されました。
 午前の部と午後の部の2回でしたが、どちらも大ホールに入りきれないほどの皆さんが参加しました。私も両方に出席しています。
 山田宏区長の挨拶中も、“私語”や“メール打ち”はまったくなく、和やかなムードで式典が進行しました。
 また、国歌斉唱のときも、新成人が全員起立して「君が代」を歌っていました。
 適切な表現ではないかもしれませんが、“お行儀の良さ”というより、“民度の高さ”を感じた素晴らしい内容でした。
 なお、記念アトラクションとして、ブラザートムさんの「新成人のためのミニコンサート」が行われました。私は見ていませんが、多分、盛り上がったのでしょうね。
 それから、私たちの三男の悠平も成人式を迎え、杉並公会堂に行ってきました。
 写真左は、その前に写したものです。お隣のご主人が撮ってくれました。
 新成人の皆さん、本当におめでとうございます。
 でも、本当に大変なのはこれからです。夢と希望を持って、将来を切り拓いてください。
 そして、選挙にもちゃんと行きましょうね。

(写真をクリックすると拡大します)

1月9日(火曜日) 成人祝賀のつどい