グリューンです。新年、明けましておめでとうございます。
 ワンコはワンコなりに、立場をわきまえて、少し遅くなりましたが、今年になって初登場です。
 年末年始、我が家は大変でした。
 まず、三男の悠平君がノロウイルスでダウン。続いて大晦日にお母さんが同じくノロウイルスでダウン。
 悠平君とお母さんの回復は早かったのですが、今度は次男の友宏君が、2日にまたまた同じノロで完全ダウン。
 お父さんと正典お兄ちゃんは、“免疫”があったのか、現在のところ、“セーフ”です。
 おかげで、宇都宮のおばあちゃんは、三が日、我が家に来ることができませんでした。
 そんな家族を見ていたら、3日の水曜日、僕が死にそうになりました。
 原因は良くわからないのですが、お母さんにもらった「サトイモ」が悪かったようです。
 ふらふらになり、意識がもうろうとしましたが、吐いたら気分が良くなりました。
 その間、お父さんは、「死んじゃう、死んじゃう!」とゲージの外で取り乱しているし、お母さんは、開いている動物病院を探して、あちこちに電話を掛けていました。
 結局、お父さんが知っている西荻窪の動物病院に行ったのですが、そこまで、お隣のご主人が車で送ってくれました。
 お母さんに抱っこしてもらい、ノロから復帰した友宏君もついてきてくれました。
 その時のお母さんのお父さんに対する言葉はシビアでした。「あなた、いつかはこういう時も来るんだから」。
 お医者さんの話では、やはり、サトイモがいけなかったとのことでした。
 でも、安心してください。今はとても元気になりました。今年も一緒に付き合ってくださいね。ワン!

1月7日(日曜日)

グリューンの
新年ご挨拶


(写真クリックで拡大)