☆☆本日(4日)の更新はお休みします☆☆

 先月の末、賃貸住宅斡旋会社の「CHINTAI」は、首都圏の賃貸住宅「住みたい街ランキング」人気ベスト52駅を発表しました。
 この調査は、首都圏で実際に賃貸住宅を探すインターネットユーザーを対象に行ったもので、理想ではなく実生活の場として暮らすことを目的に選ばれた街をランキングしたものだそうです。
 毎年行なっていますが、サンプル数や有効回答数も十分で、かなり信頼性の高い調査結果ではないかと思います。
 トップ10は以下の通りです。
  1.武蔵小杉(東急東横線) 
  2.高円寺(中央線)
  3.三軒茶屋(田園都市線)
  4.吉祥寺(中央線)
  5.渋谷(山手線)
  5.中野(中央線)
  7.中目黒(東急東横線)
  8.阿佐ヶ谷(中央線)
  9.池袋(山手線)
 10.荻窪(中央線)

 第1位の武蔵小杉駅は、東横線、目黒線、日比谷・南北線、JR南武線など7路線を利用でき、多摩川も近く、緑の多い環境が評価されたと分析しています。なお、この駅は一昨年は第7位、昨年は第9位でした。
 注目をしていただきたいのは、杉並区内JR4駅のうち、高円寺、荻窪、阿佐ヶ谷の三駅がトップ10入りをしていることです。ちなみに、西荻窪駅もしっかりと17位にランキングされています。
 また、高円寺駅と荻窪駅は、3年連続でトップ10に入る人気です。
 一民間企業の調査ではありますが、心がとても温かくなる結果ですね。 (写真はJR阿佐ヶ谷駅)

7月3日(木曜日)

住みたい街
ランキング


(写真クリックで拡大)