(写真をクリックすると拡大します)

5月15日(月曜日) 杉並公会堂オープン

 昨日は地元の行事がいくつか重なりました。
 朝は駅頭活動がお休みのため、いつもより少し長めに愛犬と散歩。
 午前10時から、高円寺障害者交流館で行なわれた「杉並区肢体不自由児者父母の会」総会に出席。写真右上は、主催者を代表して挨拶する会長の杉原千鶴子さんです。都議会議員になってから、障害者団体の会合・総会や、施設の視察などが大変に多くなりました。
 午後からは「杉並公会堂オープニング記念式典」に参加。長い間工事中でしたが、6月1日より改築というより、すべてが新しく開館します。写真左中は外観で、建物の後ろ側には、私がとてもお世話になっている新星堂本社があります。
 写真右中は、日本フィルハーモニー交響楽団の祝賀演奏です。クラシックとは縁遠い私ですが、音響の素晴らしさに感激しました。
 この公会堂は46年間にわたり、音楽・演劇・集会・テレビ番組収録・学校行事などに使われてきました。オープン当時は「東洋のカーネギーホール」と呼ばれていたそうです。ドリフターズの“8時だよ!全員集合”の収録でも活躍していました。公会堂の公式ホームページも開設していますので、こちらをクリックしてご覧ください。
 下の2枚の写真は、夕方から蚕糸の森公園&杉十小学校で開催された、杉並区・東京消防庁第四消防方面(杉並区・新宿区・中野区の7消防署)共同水防演習の様子です。
 参加者の皆さんの機敏な行動を見ていると、日頃の真摯な活動が重要と強く感じました。
 演習が終わり阿佐ヶ谷へ移動。後援会青年部で汗をかいてもらっている中村幸一君と打ち合わせ。10時前に自宅に帰り、この原稿を打ち込んで、一日の活動が終了しました。