昨日から第一回都議会定例会が始まりました。
 どこの自治体も同様ですが、年間4回開かれている定例会の中でも、新しい年度の「予算案」を審議する第一回が一番重要です。
 会期は3月30日までの37日間で、予算特別委員会もこの日程の中で開催されます。
 私もこの予算特別委員会の委員に加わりますので、これからホームページで、質問や局長以上の答弁について報告をしていきます。
 なお、知事の所信表明の全文はこちらをクリックしてご覧ください。また、会議終了後、オリンピック招致に向けて議員連盟が設立されました。
 一連の五輪問題については後日報告しますが、この議員連盟には都議会民主党から5人が参加しました。私は現在、メンバーに加わっていません。この理由についても後に説明します。
 さて、定例会初日には、1期生で都内の施設等を視察することにしています。その選挙区の議員が世話人となり、視察あとの懇親連絡会も兼ねて行なっています。
 今回は府中市にある、航空自衛隊の航空総隊司令部航空支援集団司令部を視察してきました。二つの司令部は航空自衛隊のもっとも重要な組織です。
 残念ながら(当然なのですが)、オペレーションの中枢を見ることはできませんでしたが、この国の防衛システムを部分ながらも理解できた有意義な視察になったと思います。

(写真をクリックすると拡大します)

2月23日(木曜日) 第一回定例会スタート