来年4月には、「統一地方選挙」が行なわれます。
 ご承知の通り、地方自治体の首長(知事、区長、市長など)と議員(都道府県、区市町村議員)の任期はすべて4年間ですから、この選挙も4年に1回実施されることになります。
 しかし、自治体ごとの事情により、統一選挙以外の「中間選挙」もかなりの数が行なわれています。
 “事情”というのは、自治体合併、議会の解散、首長の辞職などです。都議会は昨年7月の選挙でしたが、昭和40年に議長選を巡って大規模な買収行為があり、「黒い霧解散」をしています。
 任期途中で解散すると(首長の場合は辞職すると)、そこから新しい4年間の任期がスタートしますので、制度的には中間選挙がずっと続くことになります。
 詳しい数字は分かりませんが、全国自治体(約2千)の三分の一は中間選挙ではないかと思います。月曜日の新聞を見ると、毎週どこかの自治体で選挙をやっていることがわかります。
 さて、上段の写真は、12日から始まった「日野市議会議員選挙」です。下段は町田市長選挙と、同市議会議員選挙に向けての政治活動の様子です。
 市長選挙には、都議会の先輩であった真木茂さんが、市議会には長年の友人でもある井上正行さんが立候補の準備をしています。私もできる限りの応援をしなければなりません。

(写真をクリックすると拡大します)

2月14日(火曜日) 中間地方選挙