先日も報告したとおり、一昨日の20日から都議会第3回定例会がスタートしました。
 冒頭、石原慎太郎知事から、東京発・自治改革、集中豪雨への対応、テロへの備え、治安・青少年問題への一体的取り組み、交通・物流機能の拡充などについて所信表明がありました。(その全文はこちらをクリックしてご覧ください。なお、本会議の録画映像はこちらからご覧になれます)
 最後に、オリンピックの招致について表明がありました。2016年または2020年(この日の発言では具体的な時期は明言していません)夏季五輪を東京で開催する決意を述べたものです。
 今後の予定は、10月に庁内に担当部署を立ち上げ、都議会定例会(来年2月)の招致決議を受け、JOC(日本オリンピック委員会)に意志表示をするようです。
 なお、都議会民主党は現在のところ、このことについて議論をしていませんが、個人的には招致に賛成です。
 特に、目標・時期を設定することにより、防災の視点からも極めて危険な状態にある、首都高速道路の全面補強改修を行なうべきと思います。

(写真をクリックすると拡大します)

9月22日(木曜日) 都議会本会議場