昨日、都議会民主党の役員が4班に分かれ、都内の各種団体・労働組合などに“就任挨拶”をしました。
 もちろん、私は初めての経験でしたが、総務会長の相川さん、同代行の酒井さんと一緒に回りました。
 労組組織は比較的知っているところが多かったのですが、各種業界・業種団体は、そのすべてが最初の訪問でした。
 皆さんからは、厳しい経済環境の中で、経営を維持していくことに大変な苦労をされていることを伺い、あらためて、政治や議員の役割の重要性を感じました。
 地元地域同様、現場での意見を聞くことを軽んじてはいけませんね。
 また、民主党に対する激励がありましたが、同時に衆議院選挙を目前にして、「挨拶回りも大切だが、各選挙区での準備活動に力を入れて欲しい」との、建設的なアドバイスがありました。
 ほとんどの都議会議員が、小選挙区選対の重要なポジションを担っているわけですから、当然の指摘と想いました。

(写真:汐留シオサイト。移動途中で久しぶりに近くを通りました。そのたびに“進化”しています)

8月24日(水曜日)

就任挨拶回り


(写真クリックで拡大)