8月9日の都議会臨時会が終了し、当面は9月11日投票の衆議院総選挙に向けての活動が中心になります。
 民主党は東京の25小選挙区すべてに候補者を擁立して、「東京から政権交代を」をスローガンに戦いを進めます。できる限り早く、政策の柱となる「マニフェスト」を発表できるように作業を急いでいます。
 ところで、都議会では選挙結果を受けて、各会派の議員控室の改造がスタートしました。都議会民主党の控室のスペースも大幅に拡大します。
 杉並区議会も同様だったのですが、議員控室の広さは、会派の構成員の数に比例します。都議会の場合は、1人当たり22uと聞いています。9月の第3回定例会までに工事が終わるようですが、それまでは、仮の議員控室になります。
 ちなみに、私たち都議会民主党は、議事堂3階の委員会室(上の写真)での仮住まいです。もっとも、工事と衆議院選挙の準備・本番期間が重なりますので、都議会に行く機会は多くないと思います。
 下の図は、新しい控室、会議室、役員室、総会室などのレイアウトです。参考までにご覧ください。

8月12日(金曜日)

仮議員控室

(写真クリックで拡大)