一昨日の金曜日、区議会第2回定例会が終了しました。
 この日は各常任委員会に付託された議案の審議結果を、本会議で杉並区議会全体の意思として決定しました。
 また、議長、副議長の選挙が行なわれました。1年ごとに入れ替わる正副議長ですが、このことに関しての私の考えはこちらをクリックしてご覧ください。
 議長には杉並自民議員連盟の富本卓さんが、副議長には公明党の渡辺重明さんが選出されました。私は、2枚の投票用紙に両名の名前を書きました。
 演壇の前に投票箱が置かれ、議会事務局長から名前を呼ばれた順に投票します。私も20回以上、この選挙に参加していることになります。
 6年前に副議長に選出されたとき、自分の名前を投票用紙に書きました。誰が見ているわけではありませんが、なんとなく照れくさかったことを覚えています。

(写真:正副議長選挙前に行なわれた、議案に対しての記名投票の様子。選挙も同様な方法で実施されます。投票を終わって自席に戻る私です)

6月19日(日曜日)

正・副議長選挙

(写真クリックで拡大)