政策宣伝活動の機材として、トランジスタメガホンの活用はとても重要です。
 写真は、TOWA製のトラメガ(30W出力、トランジスタメガホンの略称)ですが、10年近く使用しています。余談ですが、私は物持ちが良いほうで、このメガホンも大切に使ってきました。どんなものでも、持ち主の“愛情”が必要ですね。
 でも、どんなに可愛がっても、食糧なしで働いてくれることはありません。写真に単一の乾電池が写っていますが、この電池が10個、格納されています。
 音量にもよるのですが、20時間程度は一生懸命に活躍してくれます。
 手前は通信販売で購入している、単一電池(富士通製)が20個入っているボックスです。もちろん、アルカリ乾電池ですが、1個あたり約100円と経済的で、持ち運びにも便利です。
 もの言わぬ「仲間たち」にサポートされている私です。

5月4日(水曜日)

メガホンの電池

(写真クリックで拡大)