昨日の午前10時から、杉並区立杉並第二小学校の卒業式が開催され、私も来賓の一人として出席しました。
 この小学校は、明治17年に開校されていますので、今年は120回目の卒業式となりました。私の長男と次男もこの学校の卒業生です。
 今年の卒業生は74名で、2クラスでした。私も毎年、出席をしていますが、6クラスあった時代もありました。少子化の影響を実感しています。
 写真左は正門の風景ですが、長い間、この学校には門扉がありませんでした。新しく設置をしたのは、一連の学校内での凶悪事件にも関係があると思います。
 写真右は、式典のあとの集合写真の様子です。子どもたち、担任の先生、父母の皆さんが集まっています。礼服後ろ姿は、校長の丸山麻雄さんです。
 この写真を撮ったとき、8年前の次男の卒業式を思い出しました。私も、あの列の中にいたことを。その次男も二十歳になりました。月日の経つのは本当に早いものですね。

(写真をクリックすると拡大します)

3月26日(土曜日) 杉並第二小学校卒業式