現在、朝と夕方の遊説活動を、杉並区内の駅前を中心に実施しています。また、土曜・日曜・祝日は、昼の時間帯に平日と同様、政策をお話しています。
 今まで長く続けている活動ですが、昨年の9月26日に報告した通り、ワイヤレスマイクと拡声器を使ってきました。このことについては、多くの皆さんから評価をいただいています。
 しかし、特に朝の遊説時間は、当然のことなのですが、通勤する皆さんも急いで駅に向かわれていますで、詳しい内容の政策をお話しすることができません。同時に、一般のマイクですと、どうしても、通勤・通学の皆さんとの「距離」がありました。これは物理的な距離というよりも、気持ち、マインドのことです。
 そこで、少し前から、写真の「タイピン型ワイヤレスマイク」を使用して、政策や活動報告を記載した「プレス民主号外」を配布しながら、朝の駅頭活動を始めました。
 これにより、通勤・通学の皆さんとの距離が急速に縮まり、より親しみを込めての挨拶ができるようになりました。各駅のロケーションにもよりますが、時間がすぎるのが早く感じます。
 なお、夕方やウィークエンドの遊説は、これまで通り、一般のマイクを使って政策を中心にお話しています。

(写真をクリックすると拡大します)

3月16日(水曜日) タイピン型ワイヤレスマイク