私はこれといった趣味は少ないのですが、小学生のころから「電車」が大好きでした。と言っても、鉄道車両の写真を撮るとか、電車を乗り継いで旅行をするということではありません。
 電車の一番前の車両(乗務員室の後ろ)から、過ぎていく風景を見ることに楽しさを感じています。“電車でGO!”の世界ですね。
 それから、かなりマイナーの部類なのですが、電車の行き先の「方向字幕」にも興味がありました。最近は電光表示が増えていますので、少し残念な思いです。
 ところで、都営地下鉄は東京メトロ(旧・営団地下鉄)と比べて、なぜ、収益があまり上がらないような地域を走っているのでしょうか。過去からの疑問です。
 私も都内を移動する手段として、地下鉄を使うことが多いのですが、90%以上が東京メトロです。
 期待していた「大江戸線」のことですが、一般的に言われているように、「環状線(地下の山手線)」にできなかったことは、致命的な欠点ですね。“歩いたほうが早いぞ、大江戸線”などと揶揄されていますし。
 その都営地下鉄ですが、将来は東京メトロと合併する計画があるようです。良いことと思いますが、利用者サービスが充実する方向性を持って、実現していく必要性と責務があると考えています。

(写真:中野坂上に停車中の大江戸線先頭車両)

3月5日(土曜日)

都営地下鉄

(写真クリックで拡大)