1月21日号の「広報すぎなみ」の一面をご覧になった方も多いと思いますが、3月からスポーツ施設の利用予約がインターネットなどで可能になります。
 今までの「すぽーつ・ねっと」が、発展的に「さざんかねっと」に吸収されることになります。進歩する「すぽーつ・ねっと」ですね。
 と言いたいところですが、段階的移行のスケジュール、申し込み方法、区民スポーツ教室との関係など、新しいシステムはとても難解で、良く分かりません。
 もともと、さざんかねっとが稼動したとき(平成15年9月)に、スポーツ施設の予約制度を統合できなかったのも不思議なことです。何か特別な理由があったのかも知れません。
 それはともかく、杉並区では、この難解な制度をフォローするために、サポートセンターを開設し、そして説明会を開催するそうです。親切な対応かもしれませんが、それをしなければ、苦情が殺到することが分かっているからでしょう。
 ネットショッピングの仕組みや、インターネットでのチケット予約システムなどを勉強してもらいたいと思います。
 ところで、さざんかねっとは大変便利ですね。私も何回か利用しています。写真はセシオン杉並ですが、昨日、ホールの申請をしたときに撮ったものです。使用料金を納めるのは窓口ですが、空きの確認と申し込みはネット上で可能でした。
 それから、平成18年6月に開館予定の「新・杉並公会堂」の利用申し込みが始まっています。オープンが今から楽しみです。

1月26日(木曜日)

進化する
すぽーつ・ねっと


(写真クリックで拡大)