一昨日の夜、日暮里にあるホテルラングウッドで、東京電力総連の新春賀詞交歓会があり、出席をさせていただきました。
 電力総連は、東京電力労働組合を中心に、関電工など関連企業の組合で組織されている団体です。東電労組については、過去に何回か紹介していますが、大変に堅実・誠実な皆さんで構成されています。
 会社を代表して、多摩支店長さんが挨拶をされていましたが、電力会社も大口電力の自由化、ガス会社とのエネルギー競合、光ファイバー獲得競争と、とてもハードな環境下で“競争”を強いられています。以前のように、電力寡占企業のイメージはありません。
 写真左は、7月に予定されている東京都議会選挙の立候補予定者の紹介の様子です。マイクの後ろは、大田区から立候補する名取憲彦さんです。私は右端です。
 写真左は、当日の司会を見事に務められた、東京総支部役員の三島慶子さんです。長いお付き合いになりますが、日本酒を飲ませたら、彼女にかなう人はいないでしょう。間違いありません!杉並区民であることも、私にとっては嬉しいですね。

(写真をクリックすると拡大します)

1月22日(土曜日) 電力総連新年会