阿武教子さん、悲願の金メダル獲得、
  おめでとうございます。表彰式では泣けました。
 いまから5年前のお正月、荻窪警察署の道場で行なわれた「武道始」(警察署の新年賀詞交換会)に区議会副議長として出席したとき、初めて阿武さんを見ました。
 エキシビション試合(でも、真剣勝負)で、男子警察官を次々に投げ飛ばす実力に感動しました。

 「株式会社チヨダ」は、昭和11年に杉並区高円寺に創業されました。
 現在の本社は、成田東4丁目の青梅街道に面した建物です。杉並区役所・区議会の真正面になります。
 靴のチヨダを中心に、ディスカウントの東京靴流通センター、おもちゃのハローマック、カジュアル衣料のマックハウスなど、多くの事業を経営し、昨年には東証第一部に上場しています。
 グループ全体で、全国に2,000を超える店舗展開していますが、健全な経営方針と安定した財務体質で知られている企業です。
 ところで、私との関係ですが、端的に申し上げると、「労使ともに大変にお世話になっている」ということです。
 労働組合は名称を「チヨダユニオン」といって、私も関係している「UIゼンセン同盟」に加盟されています。
 失礼な表現ですが、大変にまじめな組合であり、私の選挙は全力投球で応援していただいています。
 責任者の近藤さんは、自他共に認める愛妻家であり、うらやましい?限りです。
 社長の舟橋政男さんは、一部上場企業の責任者とは思えないほどの気さくな方で(紳士でもあります)、南阿佐ヶ谷駅での駅頭活動でも声を掛けてくれます。
 また、専務の舟橋民男さんには人生の先輩として、幅広くご指導をいただいています。
 住宅地である杉並区の中に、このような素晴らしい会社・組合があることは、私にとっての財産です。

(写真左:組合事務所で、左から近藤委員長、笹村書記さん、田中副委員長 写真右:阿佐ヶ谷パールセンターにある店舗)

(写真をクリックすると拡大します)

8月20日(金曜日) チヨダの仲間