左の写真は、いつもと変わらない地下鉄南阿佐ヶ谷駅での区政報告の“風景”ですが、今日の主人公は写真右の「手塚博」さんです。
 手塚さんは、南阿佐ヶ谷駅の階段の右側(入口をはさんで、私が立っている場所の反対側)で、新聞・雑誌を約12年間、販売されています。
 日曜・祝日以外の午前5時から11時までと、午後4時から6時まで営業されています。
 私の一日の活動は、手塚さんへの“おはようございます”で始まります。
 その後、“両者の中間地点?”で、情報交換です。
 政治全般、民主党、昨日の出来事、お酒、山登りなど、話題に困ることはありません。
 時として、杉並区政に対して厳しいご意見をいただくこともあります。
 近距離でのスピーカーを使った活動は、ご迷惑をかけていると思いますが、長年に渡り快く対応してくれています。
 それどころか、マイクの電池が切れてしまったときなど、「すいません!手塚さん、単三の乾電池を貸してください」などと、ずうずうしいお願いをしたこともありました。
 あらためて、私の活動は多くの方々支えられていることを感じています。
 皆さん、これからもよろしくお願いします。

(写真をクリックすると拡大します)

8月16日(月曜日) 南阿佐ヶ谷駅での活動