8月5日(木曜日)・6日(金曜日)の更新は出張のためにお休みします

 東京名物・夏の風物詩「阿佐ヶ谷 七夕祭」については、以前に報告していますが、明日(8月5日・木曜日)から9日(月曜日)まで51回目として開催されます。
 JR阿佐ヶ谷駅からパールセンターを通り、青梅街道に至るまでの商店街(約700m・260軒)が、各店舗が工夫を凝らした装飾でいっぱいになります。
 商店の開店時間は午前10時から午後10時までですが、その時間以外でもパールセンターの通行は可能です。
 商店や見物する人たちでにぎわう七夕も良いのですが、個人的には深夜や早朝の風景も素敵と思います。(未成年は外出してはいけません)
 それぞれの商店が作製した装飾も個性的で楽しめますが、このイベントに合わせてお買い得セールを実施するお店も多いようです。
 なお、各商店の店頭に模擬店が出ていますが、これはその店が売っているものですから、安心して購入できます。(外からの業者ではありません)
 今年のお客様の目標数は70万人。本家である仙台や平塚にも負けません。文字通り、東京名物・夏の風物詩です。
 それから、警察や実行委員会では警備体制を整えていますが、財布などの貴重品には十分に注意をしてください。
●電車で来られる方は、JR阿佐ヶ谷駅か地下鉄南阿佐ヶ谷駅で、帰りの切符を買っておくと便利です。
●車をご利用の方は、このイベント中に限り午後11時(入庫は10時)まで営業している杉並区役所地下駐車場がお勧めです。料金等についてはこちらからご覧ください。
●七夕期間中は自転車でのパールセンター通行はできません。中杉通りも駐輪禁止です。区役所前広場を開放しています。

 皆さんのお越しをお待ちしています。

(写真は準備が進む七夕祭の様子です。期間中の装飾にご期待ください)

(写真をクリックすると拡大します)

8月4日(水曜日) 阿佐ヶ谷 七夕祭