昨日の暑さはすごかったですね。杉並区内でも40℃を超えたところも多かったようです。
 夜も30℃以下になりませんでした。エアコン嫌いな方は窓を開けて眠られたと思います。でも、防犯には注意してください。
 ところで、先月から「杉並区安全パトロール隊による防犯診断」が始まっています。
 この趣旨ですが、警視庁OBの安全パトロール隊二人一組が、区内の一戸建て住宅や共同住宅(アパート・マンション)を訪問し、建物の構造や施錠・防犯設備の状況など防犯上の問題点を指摘して、アドバイスをするものです。
 要するに、その道のプロが「空き巣から家を守る方法を具体的にを教える」ということです。
 費用は無料で、診断にあたる隊員は制服、制帽、腕章、職員ネームプレートを着用しています。
 診断の結果、防犯上問題がある場合、その箇所をチェックした「防犯診断結果表」を渡してくれます。
 また、区内で防犯器具を安心して購入できる「販売業者一覧表」も用意しています。
 当面は、地域安全対策重点モデル地区の高円寺地域からスタートしますが、その後、区内全体に拡大していきます。
 残念ながら、杉並区内の空き巣の発生率は23区中でも上位です。
 皆さんの生命と財産を守るためにも、この制度を有効に活用されることをお勧めします。
 なお、この診断は区民の皆さんからの実施希望(申請)により行なっています。
 申し込み・問合せ先
 杉並区役所 危機管理室 地域安全担当課
     直通電話 5307−0616

7月21日(水曜日)

防犯診断

(写真クリックで拡大)