一昨日、日本橋にある東友会館で、東京電力労働組合東京総支部(責任者・新井行夫さん、東京23区を統括)主催の、「友好議員懇話会・議員と語る夕べ」が開催されました。
 毎年、この時期に開かれているもので、私も毎回、参加させていただいています。
 「友好議員」は、東電労組の活動方針を理解・尊重し、また、組合は各議員の政策や地域活動をサポートする、という支持・協力関係にあります。お互いに相手の立場を尊重する、大変に民主的な間柄です。
 この日も、民主党所属の議員を中心に、国会、都議会、区議会の仲間の議員が多数集まりました。
 また、組合からも東京総支部や各地域支部の役員の皆さんが、経営(会社)からは各「支社」の支社長をはじめ、主要な管理職の皆さんが一堂に会しました。
 私も、日頃お世話になっている、荻窪支部・荻窪支社の皆さんを中心に、電力自由化、電線の地中化、光ファイバーなど、多くの話題について情報交換することができました。
 電力に関することは行政・議会とも関係が深く、私にとっても有意義な会合でした。

(荻窪支部・荻窪支社の皆さんとの記念写真。前列、私の前が参議院議員の長谷川清さん、その左が委員長の安斎昭さん、右が支社長の駒場武司さん)

2月6日(金曜日)

議員と語る夕べ

(写真クリックで拡大)