昨日と一昨日の2日間、都内品川区で、UIゼンセン同盟全国議員団会議が開催され、私も出席しました。
 初日の午前中は全体会議に先立って、東京地区の議員団会議が行われました。
 この議員団会議は、UIゼンセン同盟と関係が深い議員(国会及び地方議員)で構成されており、労働組合であるUIゼンセン同盟とは支持・協力関係にあります。メンバーは約150人です。
 当日はUIゼンセン同盟の高木剛会長から、組合運動の現状と課題についての基調講演があり、私も最前列に座り、しっかりお話を聞きました。
 その後、全国各地域から8人の仲間の議員から、活動事例報告がありました。テーマは、「地方財政の確立に向けた取り組み」「行政改革に向けた取り組み」「自治体合併に向けた取り組み」「後援会づくりと日常活動の取り組み」で、大変に参考になりました。
 それから、7月の参議院選挙に比例区からの立候補が決まっている「柳沢みつよし」さんから、政策と決意表明があり、満場の拍手で激励を受けました。
 夜は1時間ほどでしたが、夕食交流会があり、私も久々にお会いした全国の仲間の議員の皆さんと交流を深めました。
 2日目は、弁護士の森野實作さんから、公職選挙法について、千葉大学の新藤宗幸さんから、地方自治についての講演があり、日程を終了しました。

(写真は挨拶をする「柳沢みつよし」さん)

2月2日(月曜日)

全国議員団会議

(写真クリックで拡大)