以前に報告したように、杉並区には一万人を超える外国人が住まいをしています。
 区としても外国人の皆さんに対して、できる限りの広報・相談活動を実施しています。
 写真左の冊子は「外国人のための生活便利帳」です。日本語・英語・中国語(マンダリン)・ハングルの四ヶ国語で書かれており、生活案内書として大変に役立つ一冊です。
 右の新聞は「広報すぎなみ」の英語版で、偶数月の一日号の最終ページに掲載されています。こちらは英語バージョンのみです。
 その上のパンフレットは、文化・交流協会(杉並区の外郭団体)が発行しているもので、外国人の皆さんが、日頃抱えている問題や悩みに応えるための相談窓口などが記載されています。どれも区役所や区民事務所でもらえます。
 なお、相談日は言語によって異なりますので、詳しくは協会(電話5378-8833)まで問い合わせてください。
 外国人による犯罪が増加していることは残念ながら事実ですが、大多数の皆さんは、私たち日本人との親善・交流を願っています。困っている方がいたら、相談窓口などを紹介してあげることも大切と思います。

10月5日(日曜日)

外国人の
ための広報


(写真クリックで拡大)